08年 組織拡大キャラバンを実施しました


 5月21日(水)〜23日(金)の3日間、道連は組織拡大運動の一環として、札幌市内と近郊でキャラバン行動を実施しました。松浦組織教宣部部長が全日程を指揮し、初日は遠藤執行委員、札建労から長谷委員。2日目が鈴木副部長、札建労から久保田委員と小田委員、西谷書記。3日目が村上書記長、札建労から只野委員と赤坂委員、西谷書記が参加し、建設現場と事業所を回り、組織拡大と労災事故撲滅、大衆増税反対を訴えました。
 現場での反応は、「以前入っていたが、法人化のときにやむを得ずやめた」「一人親方だが、加入するにはどうすばいい?」「いま市町村国保に入っているが、内容が良ければ移りたい」などがありました。
 キャラバンの行程と実施結果は下記のとおりです。


【初日・5月21日(水)】
 行程・・・・・円山〜宮の森〜発寒〜花川〜石狩市〜屯田〜新琴似、他
 現場数・・・43件  事業所・・・2件  人数・・・122名

【2日目・5月22日(木)】
 行程・・・・・篠路〜あいの里〜中沼〜東雁来〜東苗穂、他
 現場数・・・54件  事業所・・・1件  人数・・・142名

【3日目・5月23日(金)】
 行程・・・・・南ノ沢〜中ノ沢〜北ノ沢〜西岡〜平岡〜里塚〜上野幌〜白石〜川下
 現場数・・・67件   事業所・・・2件   人数・・・184名

【全日程】 現場・・・164件   事業所・・・5件   人数・・・448名

※配布教宣物・・・組合リーフレット、タオル、ティッシュ、救急品セット、救急品ポーチなど


 以上の結果となりました。今回のキャラバンにあたり、事前調査いただいた札建労の皆様、誠にありがとうございました。



                 <札幌市内の各建設現場で組合と建設国保の加入を訴える>






 大衆増税反対街宣行動を市内7箇所で展開

 5月24日(土)、道連は全建総連本部より金田税金対策部主任書記の協力をいただき、大衆増税・消費税引き上げ反対を訴え、市内街宣行動を行いました。
 参加者は石田副執行委員長、工藤賃金税金部部長、江戸賃金税金部副部長、松田書記の5名でチラシ600枚とティッシュ500個を街頭で手渡しました。金田主任書記と石田副委員長のスピーチでは、後期高齢者医療制度や暫定税率をめぐる与党の採決のやり方を引き合いに「いま、増税反対の声を大きくしなければならないとき」と主張しました。
 実施結果は下記のとおりです。

                      《市内街宣行程》
 @地下鉄「平岸駅」〜A大通公園6丁目〜B大通公園4丁目〜C狸小路4丁目〜
 D地下鉄「麻生駅」〜E地下鉄「白石駅」〜F地下鉄「新札幌駅」

 これからも道連では、北海道の建設業で働く仲間の生活を脅かす、大衆増税に対し反対活動を行って行きます。




              《札幌市内大通公園など7箇所にて通行の方々へ増税反対を訴える》




過去のNEWS一覧へ