09組織拡大キャラバンを帯広で実施



 09年の組織拡大月間がスタートし各単組で奮闘が続けられるなか、道連は6月10日(水)〜12日(金)の3日間にわたり、今年の組織拡大キャラバンを帯広市で実施しました。前年までの複数地域を広範囲の中でまわるやり方を変え、、1地域の事業所・現場を集中訪問しました。
 キャラバンは石田副執行委員長、松浦組織教宣部長、久保田執行委員が参加し、事前に帯広建労に調査してもらっていた現場数件と建設事業所157件を住宅地図をもとにオルグをかけていく内容でした。初日は市内中心部の現場と事業所訪問を行ったほか、夕方から北海道住宅生協帯広支店の事務所へ伺い、集まってもらっていた6名の取引業者の方々に組合概要と国保加入のメリットについて説明しました。
 2日目と3日目は事業所を1件1件ローラー形式で訪問し、組合加入を勧めました。全体として他の建設国保に入っている方でも、こちらの特長についての話に耳を傾けてくれるケースが多く、中には「前向きに加入を考えたいので、また来てほしい」という方もいました。1箇所集中でじっくりとしたオルグが行えたこともあり、帯広建労と訪問先の方々の間に確かなパイプ作りが出来たといえる拡大キャラバンでした。



                     《帯広市内の現場、事業所を訪問》

                          《住宅生協にて建設業者へ組合加入を勧める》





過去のNEWS一覧へ