平成21年度国保特別助成、281.5億円で決着


 平成21年度予算案における国保組合への特別助成は、昨年12月20日の財務省内示で 281.5億円(前年比5千万円増)に決定となり、予算要求が「満額確保」となりました。
 その内訳として、「特別調整補助金」が前年同額の229.5億円で、「高額医療費共同事業補助金」が前年度比5千万円増の25.9億円。「特別対策費補助金」が前年同額の26.1億円でした。そして「特定健診・保健指導補助金」に関しても16億円を確保し、特別助成と合わせて297.5億円を勝ち取ることが出来ました。
 今回の社会保障費の抑制路線の中で満額確保できたことは、北海道はもちろん全国の仲間のハガキ要請行動と、民主党を始めとする各政党・関係議員の方々の支援の賜物であり、心より感謝申し上げます。並びに各単組、組合員の皆様の予算獲得に向けた取り組みに対しましても大変ご苦労様でした。
 しかし、建設国保を取り巻く情勢は政府の医療制度改革の中、今後も厳しさが続くことが予想されます。引き続き、建設国保の育成・強化に向けて皆さんの奮闘の程、よろしくお願いいたします。




過去のNEWS一覧へ