2011年秋の拡大キャラバンを帯広市と音更町で実施



 道連は現在、12000人の復活を年間目標に拡大運動中です。各単組での取り組み強化に加え、秋の拡大キャラバンとして9月14日から3日間の日程で帯広市と音更町の事業所と建設現場の訪問を行い、組合加入を勧めました。
 2011年秋の拡大キャラバンの実施にあたっては、地元組合である帯広建労と音更建労に事業所リストの制作と現地でのルート案内していただき、1軒1件丁寧なオルグを心掛けました。
 訪れた先では「加入中の建設国保の保険料が上がり、支払いに困っている」といった反応が多く、中には他の国保への移動を真剣に考え中といった声もありました。
 そういった方に対しては、年齢と家族形態を伺ったうえで、概算保険料をその場で計算し北建国保のメリットを併せて説明しました。大体30歳以上で扶養者が3名以上いる一人親方は保険料の面で負担が軽減されるケースが多く、その内容に加入を検討してくれるところもありました。
 全体の結果としては帯広市が事業所61件・現場12件、音更町とその周辺は事業所56件、合計129件の訪問数となりました。
 こうした拡大行動をはじめ各単組の取り組み強化が実を結び、今年度の秋の拡大月間では7人の増勢をかち取り、夏の拡大月間に続き増勢結果で終了することが出来ました。今後も年間目標の達成に向けて、引き続き拡大運動の取り組みを強化しましょう。



            《帯広市と音更町の各建設現場と事業所を、集中して3日間にわたり組合勧誘を行いました》







過去のNEWS一覧へ