平成30年度国保組合関係予算

        
          今年も補助金現行水準を確保


 

 国保組合全体に対する来年度予算案が、昨年1222日の閣議決定で2876.2億円となり(前年度比76.6億円減)、1人当たりの医療費の伸びを0.8%増と見込んだことから、現行の補助金水準を確保できることとなりました。

 この間、政府が社会保障関係費の自然増抑制計画と、裁量的経費10%以上削減を求める中での確保は私たちの取り組みの成果です。昨年の国保ハガキ要請行動では、夏(達成率101.9%)、冬(達成率103.5%)ともに一人2枚の目標を達成できました。今年も国保育成・強化のご協力お願い致します。




過去NEWS一覧へ