第32回全国青年技能競技大会で

      高田祐矢さんが20位で奨励賞を受賞

 


 

 若手職人の技術向上を目的とした「第32回全国青年技能競技大会」が先月2729日に徳島市で開催され道連から2名が出場しました。

競技の結果、高田祐矢さん(函館建労・28歳、写真左)が73人中20位となり奨励賞を受賞。課題の「四方転び踏み台」を制限時6時間

で完成させ、その出来栄えが評価され出場2回目での受賞でした。

今大会が出場者年齢制限のため最後の出場となる七夕直央さん(小樽建築・35歳)も、時間内で組み上げ健闘を見せました。


        
     
 
《慎重に組み立てをする高田祐矢さん》        《今年最後の出場となる七夕直央さんも健闘》




過去のNEWS一覧へ