その他の共済

 あんぜん共済     パートナー     まごころ     国民年金基金     その他窓口での取り扱い事業


あんぜん共済  労災保険上乗せ制度

建設業での労働災害は、休業4日以上および死亡者数ともに全産業中トップです。労働者・職人と中小事業主(小零細事業主)および一人親方が安心して仕事ができるようにとの願いからつくられました。安い掛け金で高い保障、分りやすい制度、しかも通勤災害と職業病も補償する有利な制度です。全建総連の組合員で政府労災に加入している全事業所・中小事業主・一人親方が対象となります。

【あんぜん共済の特徴】
 1.最高2500万円で大きな補償
    ■ 死亡・後遺障害(1〜3級)が2500万円。万一に備え、万全の額です。
 2.予算で選べる4タイプ
    ■ T型からW型まで4タイプを用意
 3.後遺障害14級まで補償
    ■ 多くの制度では7級までの補償ですが、政府労災同様の14級までを補償
 4.休業補償を付加できます
    ■ 特約を付けることで1日当り3000円を補償します
 5.職業性疾病も対象
    ■ 業務上災害・通勤災害のすべてが補償対象で、職業性疾病も対象となる幅広い補償
 6.割安な掛金
    ■ 全建総連独自の制度ですので、他の制度より格安な掛金です。
       (事業所得計算上の必要経費に算入できます。損害保険料控除の対象にはなりません。)
 7.下請負人にもつけられます
    ■ 加入時に下請負人も含めて補償の対象とすることができます。
       (下請負人担保の場合、経営審査の評価の対象となります)

 休業3000円/1日当り       ※休業補償は休業開始後4日目以降1092円を限度とします
                       ※休業特約は基本補償にセットで加入できます

     詳しい内容は全建総連共済Net「あんぜん共済」をご覧ください。