「100万人請願署名」へすべての参加の参加を呼びかけます。(2005・11)

 

 
政府は、アスベスト被害者救済について来年1月に招集される通常国会に、被害者の「救済」のみを目的とした新法を提出する準備をしています。 そこで全建総連では、この新法が、すべての被害者を政府と企業の責任を救済・補償し、子供たちを含めた将来の健康障害を予防し、「ノンアスベスト社会」を実現していくための、抜本的、総合的な対策となるよう「アスベスト対策基本法」の制定を求め、「全建総連100万人国会請願署名」を行います。



 
                         過去のNEWS一覧へ