宮城県連の4単組へ震災支援行動を実施


 道連は10月28日(金)山形県連と共同で、この度の東日本大震災で被災した宮城県連の仙台、石巻、南三陸、気仙沼の4組合に対して支援行動を実施しました。
 今回の支援行動は北海道・東北地方協議会での統一地方行動として、被災した岩手、宮城、福島の各県連・組合に対して北海道、青森、秋田、山形の4道・県連が2班に分かれて支援にあたりました。
 各単組で取り組んでいただいた義援金から、お米(5s詰め)を山形県連と共同購入し、合計850袋を届けました。今回の支援物資に対しては各被災組合の皆様から大きな歓迎と感謝の言葉を頂きました。
 翌29日(土)には仙台市にて福島県連・遠藤執行委員長へ義援金を手渡しました。

 

    
      トラックより米袋が次々と運び出される(仙台              仲間の救済と復興を願い被災組合を訪問(石巻)



     
         被害の大きかった南三陸町の皆様へ                地元組合の方々と一緒に丁寧に運ばれました(気仙沼)





過去のNEWS一覧へ