ハガキ要請行動夏・冬あわせて


       4万7925枚の集約で目標達成
      






 2018年度の国保補助金準確保にむけた「冬のハガキ」集約は24,161枚となり、夏に引き続いて12枚の目標を達成出来ました。組合員とそのご家族の皆様には、ご協力いただき誠に有り難うございました。

 そして、今年の夏と冬を併せた枚数は47943枚で、昨年比18枚増加でした。ただ、建設国保に対する補助金の確保については、概算要求額に対する切り込みが今後懸念されることから、引き続きの国保育成・強化に向けた諸運動に対するご協力のほどお願い致します。




北海道版「標準見積書」の活用で


      法定福利費の別枠支給を請求しましょう


         

 
 

 標準見積書の活用は一部職種で見られますが、業界全体としては広がりを見せていません。仲間の適正な賃金確保に向けて、道連では学習会を開催し、その活用の仕方と普及に向けて周知してきましたが、この度、北海道版「標準見積書」を作成しました。
 下記よりダウンロード用書式をプリントアウトできますので、法定福利費の別枠支給等による待遇改善に活用ください。



  ■ 標準見積書算出方法(PDF版)    ■ 北海道版「標準見積書」(Word版)






社会保険加入対策は、

    建設国保と厚生年金のセット加入でOK


     協会けんぽへ移る前に組合窓口へご相談ください
 


 



建設国保と厚生年金のセットによる社会保険加入は、

                 国土交通省が認めています
 



 「建設国保」と「厚生年金」のセットで社会保険に加入することは、国土交通省の「建設業に関わる協会健保への加入と国民

健康保険組合への加入について」(平成24年7月30日付)に「適法」と記されています。

 しかし、元請や上位企業では、健保適用除外により建設国保に加入している仲間に対し、「建設国保は社会保険未適用である」

という誤った認識により、協会けんぽへの加入指導が行われている事例があります。前述のとおり、社会保険未加入対策におい

て、建設国保の被保険者については、一定の手続きを行えば、改めて「協会けんぽ」に入り直す必要はありません。






個人事業所が「法人化」や「従業員5人以上」となっても、

                       建設国保に残れます




 また、現在建設国保に加入している個人事業主または一人親方が、「法人化」、「従業員が常時5人以上」となった場合は、

「建設国保」と「厚生年金」のセット加入による「健保適用除外」承認を受ければ、建設国保に加入したままで協会けんぽと

同等に位置づけられ、かつ社会保険加入とみなされます。

 現在の組合員で「会社を法人にする」、「従業員が5人以上になる」際は、必ず事前に加入の組合窓口までご相談ください。

健保適用除外申請についてご説明します。





「協会けんぽ移行」の相談は、所属組合窓口へ

     年金事務所での手続きの前に、北建国保の脱退申請が必要です。





 以前に比べ北建国保の給付メリットや、家族に優しい保険料の周知が進み、加入者数も伸びては来ていますが、その一方で、

社会保険加入を目的とした「協会けんぽ」移行による誤った脱退が後を絶ちません。

 現在健保適用除外承認を受けている事業所は、すでに社会保険加入となりますので、国が進める社会保険未加入対策による

ペナルティや入札不参加等もなく、排除の対象となることはありません。

 ただ、やむを得ず協会けんぽに移行する必要がある場合は、年金事務所での手続きの際に、北建国保組合脱退の事実確認が

必要となりますので、先に所属組合窓口にお越しください






全建総連北海道連合会は一人親方労災加入団体です


 
 常に現場で危険と隣り合わせの建設労働者の皆さんにとって、万が一の際の備えは大切です。
 一人親方労災保険に加入していれば、仕事場や通勤途中でのケガによる通院・入院費が全額補償されるほか、ケガにより仕事を休業した場合に、休業4日目以降から給付日額の8割程度が日数分給付になります。その他、療養開始後1年半以降の補償や障害を負った際の年金支給など、充実の保険内容で一人親方の皆さんをバックアップします。ぜひ「一人親方労災」に加入し、安心して仕事に打ち込める環境を整えください。


一人親方として仕事をされる皆様
    
      万が一の事故に備えて一人親方労災保険へ加入しましょう
 



 ◎一人親方としてお仕事をされている方であれば、
  当組合加入後すぐに(申込み日の2日後から)労災加入でき、
  加入者証も加入日に発行いたします。
 
 ◎面倒な申請などの事務手続きや保険料納付作業は
  組合が代行しますので、安心です。


 ◎加入やお問合せの際は、お近くの全建総連北海道窓口へ
  問合せお願いします。(道内各地域の組合窓口はこちら・・・



  労災保険の補償内容】

療養補償  治癒するまで医療費の全額が補償されます
休業補償  休業4日目から1日につき給付基礎日額の8割程度が給付されます
傷病補償  療養開始後1年6ヶ月経過しても治癒しない場合支給されます
障害補償  障害の程度により一時金または年金が支給されます
遺族補償  遺族数に応じて相当額の年金、及び一時金が支給されます
葬 祭 費  万が一業務上死亡した場合、支給されます

【年間保険料】

 ※保険料は加入する給付基礎日額で決まります。

基礎日額 年間保険料 基礎日額 年間保険料
5,000 34,675 10,000 69,350
6,000 41,610 12,000 83,220
7,000 48,545 14,000 97,090
8,000 55,480 16,000 110,960
9,000 62,415 18,000 124,830
               (その他、年間事務費6,000円がかかります)


【加入資格は・・・】

  発注者(施主等)から仕事を請け負い、労働者を使用せず(但し年間100日未満の使用は可)、建設産業に従事する方(一人親方)と、同一生計の家族従事者(家事のみは不可)の方が加入できます。


〜全建総連北海道連合会は一人親方労災保険の加入団体となっております
                労災未加入の皆様はこの機会にぜひ加入ください〜




過去のNEWS一覧へ


 リフォームなどお考えではないですか?  

  住宅のリフォームのご相談は増改築相談員に 

    〜増改築相談員とは?〜

   戸建住宅などの増改築を専門としています。 
   増改築相談員は住宅建築の現場経験10年以上のベテラン揃いです。
   一般住宅のリフォームほか、高齢化対策住宅リフォームなどのご相談にも応じます。


  アスベストについて

  アスベストに関する対応方法や規制に関する内容を簡単に取りまとめたものです。
   このQ&Aでは答え切れない疑問等については掲載してある各部署へお問い合わせください。


                全建総連北海道建設労働組合連合会
             〒062-0934 札幌市豊平区平岸4条9丁目10-20
               TEL(011)812-7732 FAX(011)832-7407
          Copyright&copy2005 HOKKAIDOREN. All Rights Reserved.

              あなたは人目のお客様です