健保適用除外による北建国保加入は社会保険と同等です


 国交省は今後5年間、建設産業の持続的な発展に必要な人材の確保に向け、労働環境の改善を図るとともに事業者間の

公平で健全な競争環境を構築するため、社会保険未加入対策の取り組みを今年度より開始しています。
 
 しかしこの間、入札指名参加申請、建設業許可・更新申請や経営事項審査等の現場で「健保適用除外による国保組合加

入は社会保険加入ではない」といった間違った判断がされたり、行政の担当者、事業主から相談を受けた社会保険労務士・

行政書士が「健保適用除外による国保組合加入は社会保険とみなされない」といった、国交省の方針と異なる指導をして

いる事例が報告されています。


 
健保適用除外により北建国保に加入し、厚生年金保険料を納め、

 雇用保険を含めた労働保険の適用をしている事業所は、社会保険適用事業所となります。



 経営事項審査においても、健保適用除外のうえ北建国保、厚生年金、雇用保険にすべて加入の事業所は減点措置の対象

とはなりませんのでお間違えの無いようご注意ください。
 
 組合員の皆様におかれましても「北建国保の健保適用除外制度は社会保険と同等」であることを再確認していただくと

ともに、仲間の皆様への周知のほど、よろしくお願いいたします。



 
過去のNEWS一覧へ