消費税率10%引き上げ阻止へ要請行動

 
 現在国会で議論となっている「消費税率10%引き上げ」への反対要請行動として、道連は1213日から21日にかけて道内選出の各国会議員事務所へ、地元組合委員長と共に訪問のうえ要請文の提出を行いました。訪問先では「もう5%上がれば私たちの純利益分が無くなってしまう」「中小企業の消費税滞納額がさらに増え、更なる倒産・失業を招く。引き上げは止めてもらいたい」などを強く訴えました。

  各議員の秘書からは「10%は経済界への打撃は大きく、社会保障議論置き去りの引き上げでは国民の理解は得られない。要請内容はしっかりと議員に伝える」との回答が多数ありました。







過去のNEWS一覧へ