仲間の資格取得と労災事故防止にむけ

          玉掛け技能講習を開催しました

 

 

 道連では現在、足場、型枠、木造建築物、木材加工用機械、地山・土止め の各作業主任者講習と、玉掛け技能講習の合計6科目において、北海道労働局の登録教習機関となっています。現場労働者の労災事故防止はもちろん、組合員の資格取得や技術向上の一助として毎年各種講習を開催しています。
 10月13〜15日の3日間では、札幌市南区真駒内「北海道青少年会館コンパス」で「玉掛け技能講習」を開催。14名の受講者に対して、玉掛けの基礎知識や作業方法の学科と実技教習を行いました。
 道連では今後も、各種作業主任者講習のほか、丸のこ作業従事者教育、グラインダー特別教育、アスベスト特別教育などの講習を開催していく予定ですので、その際はぜひ受講ください。


            《実技教習の様子》


過去のNEWS一覧へ